初めての資産運用

初めて働いた対価でお金を貰うという事ではなく、自分の稼いだお金に働いてもらうという事を始めたのは就職してからでした。

 

会社の先輩達が、不動産投資をしていたり株式、FX等、自分の資産を使って運用していて、私も色々と聞きながら興味が湧いて来たのです。

 

最初は簡単なFXから始めてみました、そして株をやって、株とFXを主体に取引して自分の資産を増やしていく感じです。
ただ、運用する以上は元本割れリスクもありますし、実際に元本割れを起こして失敗した事もありましたが、トライアンドエラーで資産を増やしていく事が出来ました。
(FXで参考にしたサイト⇒為替相場とFXの基礎)

 

銀行等に定期預金しても全く増えてくれませんし、自分で運用すれば銀行での数年分の利息が一日で簡単に増やす事も可能です。ですから自分の資産を運用し、守って増やして行くために株等の取引きは有効な手段だと感じています。

 

悪い時でも年間に7%、良い時なら200%とか増える事もありましたし、継続して行っていきたいものです。

お金を稼ぐのに上手い話しはないですねぇ

2006年秋にインターネットで株取引をスタートさせて、初心者としては、3カ月の間に500万ほどの資金で100万ほどを現物取引で稼ぐことができた。その後、調子に乗って、株取引に稼いだお金や預金などをつぎ込んで1000万ほどを運用。

 

2008年9月のリーマンショックを機に株価が下がり続けるなか、デイトレとスウィングトレードで何とか乗り切り、それなりにまだ儲けを弾き出していた。

 

が、しかし、2010年に入ってからの日本航空の破綻。持っていた株券が紙切れとなることを経験。あっという間に30万よ、さようなら。ま、このくらいだったら良い勉強をしたと気持ちを切り替え、懲りることなく株取引を継続。

 

2011年3月、日本中を震撼させた東日本大震災。株のチャートは急降下。が、しかし、このようなことを書くのは被災地の皆さまに不謹慎で誠に申し訳ありませんが、ずっと塩漬け株だった建築株の不動テトラが吹いた。で、売って現金に。

 

2012年3月、JAL同様、まさかの上場廃止となったエルピーダメモリ。これで、あっという間に80万が消えた。手持ちの株は塩漬けが沢山。神様、せめて、上場廃止となる会社がもはや現れませんようにと祈る日々。しばらく、地道に働きます。と思っても、この不況の中、美味しい話しはないのです。生きていくって厳しいなぁ・・・・